親知らずの抜歯 | 名取市(岩沼市生活圏)にある歯医者 おぎはら歯科医院

おぎはら歯科医院 診療予約・お問い合わせ:TEL.0223-22-0712

親知らずの抜歯

治療案内 モバイルからご覧の方へ 歯医者ガイド

親知らずは抜歯が必要?

親知らずの生え方によっては歯磨きをきちんとすることができない状態になっている場合が多く、そのような場合には将来的にむし歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高くなります。しかも、その場合には大事な手前の正常な歯も巻き込んでしまう可能性があるので、その前に抜歯します。親知らずが骨の中に完全に埋まっている場合でも、腫瘍や嚢胞(のうほう)の原因となってしまったり、親知らずが生えてくることによって歯並びが悪くなってしまうこともあります。

親知らずが少し出ている場合

親知らずが少し出ている場合

歯みがきが届きにくく親知らずや隣の歯がむし歯になりやすくなります。また、化膿すると痛みや口臭の原因にもなります。

親知らずが歯茎の中に埋没している場合

親知らずが歯茎の中に埋没している場合

歯ぐきの中に埋まっている親知らずは、隣の歯を押して痛みを出したり、炎症を起こしたりする事もあり処置が必要な時もあります。

親知らずが引き起こす影響

親知らずによって体や口の中に出る悪影響が最も大きいのは、水平埋伏智歯と呼ばれる、親知らずが真横を向いて埋まっているときです。真横に向かって生えている親知らずは、隣の7番目の歯をぐいぐいと押すため、そのままの状態が長く続くと、顎関節症など顎の痛みの原因になる場合があるほか、他の歯の歯並びが悪くなる可能性が高くなります。

また、斜めを向いて親知らずの先端が少しだけ顔を出した半埋伏の場合などは、隣の歯に接触している部分に汚れがたまりやすく清掃も困難なため、高確率でむし歯になってしまいます。その場合は、隣の7番目の歯の隣接面もむし歯になる可能性が高いので注意が必要です。

親知らずの抜歯の流れ

  • step1

    メスで歯ぐきを切開します。

  • step2

    歯の頭と根の間を切削器具で削ります。

  • step3

    歯の頭だけを抜きます。

  • step4

    根の部分を抜きます。

PAGE TOP

Copyright © 名取市(岩沼)の歯科 おぎはら歯科医院 All Rights Reserved.