予防歯科 | 名取市(岩沼市生活圏)にある歯医者 おぎはら歯科医院

おぎはら歯科医院 診療予約・お問い合わせ:TEL.0223-22-0712

予防歯科

治療案内 モバイルからご覧の方へ 歯医者ガイド

痛くなるその前に、予防歯科でしっかりむし歯対策

歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。痛くなってから行く⇒歯を削るの悪循環をとめることが重要です。そのため、近年はむし歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、むし歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。

むし歯のメカニズム

  • ミュータンス菌が活動を開始
    むし歯のメカニズム ①
    ミュータンス菌が活動を開始!

    口腔内にはミュータンス菌が住んでいます。
    食事をして歯に残った糖をエサにして、菌は活動をはじめます。

  • 食べた糖を分解してプラークを作る
    むし歯のメカニズム ②
    食べた糖を分解してプラークを作る

    ミュータンス菌は、食べた糖を分解してプラークを作ります。

  • ミュータンス菌が増殖
    むし歯のメカニズム ③
    ミュータンス菌が増殖

    プラークからミュータンス菌が増殖します。

  • ミュータンス菌が酸を生成
    むし歯のメカニズム ④
    ミュータンス菌が糖を発酵させて酸を生成

    増えたミュータンス菌は、
    糖を発酵させて乳酸なとの酸を生成します。

  • 酸が歯を溶かしてむし歯になる
    むし歯のメカニズム ⑤
    酸が歯を溶かしてむし歯になる

    高濃度の酸で歯を溶かして、むし歯になってしまいます。


むし歯の予防方法

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTC

PMTCは、毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを歯医者さんで専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。歯石を取るような治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。治療ではなく歯磨きの手伝いをして欲しい人、歯周病の治療が終わっている人、矯正中の人、被せ物やブリッジなどがある人におすすめです。

むし歯に強い歯をつくるフッ素

フッ素

フッ素は歯の再石灰化を促進し、むし歯に強い歯質をつくる性質を持っていることから、むし歯の予防処置に用いられています。乳歯や軟らかい生えたての歯は酸に弱いため、子どもさんのむし歯予防に有効な処置です。

1回のフッ素塗布では充分な効果が得られないため、3~6ヵ月毎の定期検診時にフッ素塗布を行って、むし歯の予防効果を高めます。

また、フッ素の歯面塗布は、多くても年に数回の実施なので、慢性毒性の心配は全くありませんし、急性毒性についても適正な用法においては、十分な安全性が認められています。


歯を削らず痛みがない、シーラントによる予防

シーラント

奥歯の噛む面には溝があり、むし歯が出来やすいところです。ここにシールをしてむし歯を予防する方法がシーラントです。シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に検診をする必要があります。シーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯が出来なくなるというものではありません。正しい歯みがきをしなければ歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間からむし歯になってしまいます。シーラントをした後も、正しい歯磨きをしっかり行いましょう。


妊婦さんの予防歯科(マタニティー歯科)

マタニティー歯科は、「悪くなったら行く歯科」ではありません。妊婦さんと、その大切なお子さんの「お口の健康を守るための歯科」です。お口の健康は体や心の健康にもつながっています。妊娠すると女性ホルモンの増加などにより、歯周病になりやすくなります。さらに歯周病は陣痛を起こすプロスタグランジン産生を促進させるため、早産の可能性を増加させてしまいます。また、乳歯の形成は胎生期7週目から始まるので、乳幼児の健康な口腔を確保するためにはマイナス1歳からの、お母さんの口腔管理を含む生活習慣の指導が必要になります。

気持ちや体調の変化から、歯科治療を受けたくても受けられなくなってしまうこともあるかと思います。さらには、女性特有の体の変化について、歯科医師に相談しづらいことが出てくるかもしれません。私どもはそういった妊婦様の心への配慮も欠かさず努めておりますのでおなかのお子さんのためにも、妊産婦検診に合わせて予防歯科をお受けください。

入院の前の予防歯科(術後の合併症の予防の為に)

患者さんから「今度、入院することになりました。」とお聞きすることがあります。お口の中の細菌が肺に入って炎症をおこす誤嚥性(ごえんせい)肺炎のリスクを減らし、化学療法による免疫低下でおこる口内炎やお口の乾燥を軽減します。入院中も楽しく食事をするために、入院される前にはぜひ、歯科医院を受診され、専門的なケアを受けられることをおすすめします。

PAGE TOP

Copyright © 名取市(岩沼)の歯科 おぎはら歯科医院 All Rights Reserved.